新素材

海や山など非日常の環境に出かけてみる。手を動かして何かを作る(私の場合、編み物や料理、水彩画)。どんなものも大切にする心を持つ。古寺めぐりをしてみる(木で心が落ち着く)。いかに美しく年を重ねるかを考える。シンプルな暮らしは「快適」が一番伝統的な日本の家屋は四季の自然と同化して作られています。日本の家は庭や自然に向かって広い開放口を作ったり、障子やふすまを開け放せばいつでも外との一体感が持て、自然の風と光がそのまま家の中で楽しめるのです。昔の日本人は自然をそのまま取り入れることができる家が最高に心地よいと考えた。新建材に囲まれた今の住まいからするとうらやましいくらいシンプルで快適な住まい方の知恵を持っていたのです。モノにあふれた今の時代、昔のように質素に暮らすことはストレスもたまります。

Copyright © 2014 おもてなしの精神. All Rights Reserved.
Theme by Lorelei Web Design.